2006年03月18日

大島 道子様と河野 實様の心の中を読む

相手の心が分かるサイト
http://www.aite.ne.jp/p/
を利用しての
大島 道子様と河野 實様の鑑定結果
[入力データ]
[貴方]1942/2/3/12h1m女性O型[容姿]普通/恋愛経験豊富
[相手]1941/8/8/12h1m男性O型[容姿]普通/恋愛経験豊富
[貴方が相手を好きな程度(総合)]☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[1頼れる,癒される]☆☆☆☆☆
[2性的魅力]
[3性格,価値観]☆☆☆☆
[4主導権,雰囲気]☆☆☆
[5容姿]☆
[相手が貴方を好きな程度(総合)]☆☆☆☆☆
[1頼れる,癒される]
[2性的魅力]
[3性格,価値観]☆☆☆☆
[4主導権,雰囲気]
[5容姿]☆


<解説>by 恋愛コンサルタントT
映画「愛と死を見つめて」(吉永小百合主演)、ドラマ(広末涼子主演)でで話題になったお二人です。大島みち子さんは1958年5月13日大阪大学付属病院に入院し、1963年8月7日、河野さんの誕生日の前日になくなりました。
1960年7月に同じ病院に1カ月ほど入院していた浪人中の河野さんと知り合い交際。退院後も大阪と信州の間で400通の文通が始まりました。

「相手の心がわかるサイト」
鑑定結果を見ると、
大島みち子さんは、彼にぞっこんのようです。
1頼れる,癒される]☆☆☆☆☆[3性格,価値観]☆☆☆☆[3性格,価値観]☆☆☆☆がほぼ満点で、彼女にとっては彼の性格は理想的なようです。

彼は頼れるし、癒されるし、びびっと感じるものがあったようです。
ただ、彼のほうからすると、確かに好きではあるけれども、ぞっこんというほどではなく、彼からすると彼女を癒せることはあっても、彼女から癒しを得られないので、その点が不満だったようです。彼女からすれば彼は他に代えられない不可欠の存在だったのに対し、彼のほうからすれば、この程度に好きな女性はいくらでもいるという感じだったようです。
彼はその後、他の女性と結婚したことからも裏付けられます。
また、彼が金儲けのために彼女との文通を出版したという批判もマスコミなどから浴びせられましたが、その批判も的を得ていたかもしれません。


ただ、彼女が自分に頼ってくる感じはかわいいと思っていたはず。
遠距離で付き合う分には、そういう彼女の相手をするのも、子供の相手をする感じで楽しいと思っていたでしょう。
でも、それがもし、結婚して常時一緒に住むということになると、彼が癒されないので、彼にストレスがたまってくることになったでしょう。

よくあるのですが、遠距離恋愛のときはよかったが、結婚して一緒に住んだらすぐうまくいかなくなって離婚したというのはこういうパターンが多いようです。ストレスがたまる彼が他に女性を作ることが多いのです。

このカップルも、もし、彼女が軟骨肉腫により21歳の若さで亡くならずに、もし、結婚にいたっていたら、そういう離婚の危機に陥っていた可能性が高かったようです。



posted by 相手の心が分かる君 at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
大島みち子さんの河野さんのお二人の心の中を読んで見ました。
(大島みち子さんの心の中)
「河野さんは、わたしのことをとても大事にしてくれて感謝しています。
彼が優しく、私がどんな我がままを言っても、彼が優しく受け止めてくれたので、ついつい我がままを言ったり、彼を振り回すようなことしてすみませんでした。
私のような病気もちの女性を本当に好きでいてくれるのか疑念に思って、ついつい
河野さんを試すつもりで、振り回してしまいました。反省しています。河野さんの幸せをお祈りしております。」

(河野さんの心の中)
「僕は彼女の顔だけに惚れたわけではなく、
彼女が陽気で子供っぽく僕を慕ってくれるところが好きだったんだ。
したがって、彼女がどんなに醜い顔になろうとも
僕は彼女が生きている限り、彼女を見捨てるつもりはなかったんだ。
ちょうど親が子供を好きなのと一緒の感覚さ。
親はどんな醜い子供でも、我が子をすきなのと一緒さ。
彼女がちょっとくらいわがまま言うのを聞いてあげるのが楽しいんだ。
ただ、時にちょっと僕を振り回しすぎるのは、ちょっと参ったよ。
その後、他の女性と結婚してしまったので、そのことで僕を恨んだり妬んだりしているのではと心配です。」

(大島みち子さんの心の中)
「いいえ、決して、恨んだり妬んだりしていません。最初は、ちょっとだけ、そういう気持ちにもなりましたが、あなたが私にくれた愛情のことを考えると、感謝することはありますが、恨んだり妬んだりなどということは、なんとも失礼なことです。ぜひ幸せになられてください。」



Posted by <コメント、霊感霊視アドバイザーM> at 2006年03月19日 00:17
たまたまここにたどり着きました。
世の中にはいろんなブログが数多くありますが、ココほど無意味で低脳なブログは少ないでしょう。

愛と死を見つめてを読んだ上で書かれたのですか。
亡くなった人の相性をしかも心を読むとか訳のわからないことを言って。

自分のやっていることがいかに恥かしいことか考えてください。
Posted by 通りすがり at 2006年04月26日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/477891

この記事へのトラックバック